NPO法人傾聴グループ ぬくもりほっとらいん

ひとりで悩まないで。どんな悩みもしっかり聴きます。家族のこと、人間関係、子育てのこと、うれしかったこと…。

NPO法人傾聴グループぬくもりほっとらいんは、悩み苦しんでいる人、悩みを聴いてほしい人に対して、安心して話せる機会を提供し、傾聴の学びの輪を広げ、あたたかい人間関係づくりとやさしい地域社会づくりに貢献することを目的として活動しています。

ニュース

2017年度 ぬくもり講座 「幸せになるための心理学・・アドラー心理学入門講座・・」 ご案内( (終了しました)

【開催終了いたしました。多数のご参加ありがとうございました】

※今年度もぬくもり講座を開催します。多くの方のご参加お待ちしています。
ご案内チラシはこちらをクリック
2017年ぬくもり講座ご案内

2017年度ぬくもり講座
「幸せになるための心理学 ・・アドラー心理学入門講座・・」

アルフレッド・アドラーはフロイトやユングとともに臨床心理学の基礎を築きました。彼の心理学理論は「アドラー心理学」あるいは「個人心理学」と呼ばれています。アドラー心理学は、どうすれば幸福に生きられるのかが共通の課題となっている現代にこそ、広く知られてよい考え方です。この講座では、講義も含め、自己診断やグループワークを中心に、アドラー心理学の全体像とその理論を理解し自分の人生に役立ててもらうことを目指しています。

平成29年 10月28日(土)
10:00~12:00(第1部)
12:00~13:00(昼 食)
※各自お弁当をご持参ください
13:00~15:00 (第2部)
※講 師 略 歴
向後 千春 氏
1958年生まれ。早稲田大学人間科学学術院教授。
博士(教育学)(東京学芸大学)。専門は教育工学、教育心理学、アドラー心理学。著書に『幸せな劣等感』(小学館新書, 2017)、『18歳からの「大人の学び」基礎講座』(北大路書房, 2016)、『人生の迷いが消える アドラー心理学のススメ』、『アドラー”実践”講義』(技術評論社, 2016, 2014)、『コミックでわかるアドラー心理学』(中経出版, 2014)、『上手な教え方の教科書 入門インストラクショナルデザイン』(技術評論社, 2015)、『教師のための教える技術』(明治図書出版, 2014)、『200字の法則 伝わる文章を書く技術』・『いちばんやさしい教える技術』(永岡書店, 2014, 2012)、『統計学がわかる』・『統計学がわかる【回帰分析・因子分析編】』(技術評論社, 2007, 2008)など。計学がわかる【回帰分析・因子分析編】』(技術評論社, 2007, 2008)など。
会 場:茜浜ホール(習志野市茜浜2-7-2)JR京葉線新習志野駅より徒歩3 分
対 象:どなたでも参加できます
受講料:3,000円(正会員2,700円)
※欠席をされても返金はできませんので、ご了承ください。
郵便振り込みで受講料をお振り込みください。※振込手数料が別途かかります。
申し込み方法:振込みをもって申し込みとさせていただきます。
入金の確認後、登録完了のハガキを郵送いたします。
口座番号 00130 8 373192
振込先 NPO法人 ぬくもりほっとらいん
定員:80名程度。定員になり次第締め切ります。
主 催:NPO法人 傾聴グループぬくもりほっとらいん
※各回とも会場内でミニバザーも開催(12:00~13:00)
TEL  090-4366-4880 (吉野)
070‐4369‐7269 (事務局)

2017 年度傾聴入門講座 受講者募集のお知らせ(2017/7/26終了しました)

傾聴入門講座は終了しました。多くの方にご参加いただきありがとうございました。

 

最近「聴く力」が話題になっています。

家族や友達との会話が苦手だと思っている方、「聞き上手」を目指してみませんか?
あなたの人間関係がちょっと変化するかもしれません。お気軽にご参加ください。
(印刷用ちらしはこちらをクリック→ 表2017NyumonOmote  裏2017NyumonUra

 

<日程>
(すべて水曜日)
4月12日・26日
5月10日・24日・31日
6月7日・14日・28日
7月5日・26日

時間:9:30~11:30 (受付9:10~ )
場所:千葉市民会館
(千葉市中央区要町1-1 JR千葉駅~徒歩7分)
定員20名程度
受講料2万円(全10回)
※欠席をされても返金はできませんのでご了承ください。
主催:NPO法人傾聴グループぬくもりほっとらいん
問合せ:043-214-8398 (事務局)090-4366-4880(吉野)
講師
・渡邉晴代
「NPO法人傾聴グループぬくもりほっとらいん」理事長、カウンセラー
・ぬくもり研修スタッフ
<申し込み方法>
受講料の半額1万円を下記郵便振り込み先にお振込み下さい。
※振込手数料が別途かかります。
振込をもって申し込みとさせていただき入金の確認後に受付完了の
ハガキを郵送させていただきます。
※講座初日(4/12)に残金1万円を集金いたします。
口座番号:001308373192
振込先:NPO法人ぬくもりほっとらいん

 

≪ 2017年度 傾聴入門講座 内容 ≫ 2017年4 月12日~7月26日

1.4/12(水)
日常会話かみ合っていますか?
・聞いているようで聴いていない
・会話はキャッチボール
・かみあう会話とは

2.4/26(水)
聞くと聴くのちがい
・話を早わかりしない
・最後まで聴く
・相手の身になる

3.5/10(水)
気持ちを聴く
・事柄と感情
・針と糸
・言わんとしていることを理解する

4.5/24(水)
アクティブリスニング
・じゃがいもの芽
・気持ちを受けとめる
・鏡になる

5.5/31(水)
聴いてもらうとどうなるの?
・ハルムの心の欲求
・人が変わるとき
・信頼するということ

6.6/7(水)
自分らしさ
・自分の気持ちを知ってますか?
・感情は等価値
・ハーフムーン

7.6/14(水)
私とあなた
・自分の枠組み 相手の枠組み
・相手も自分も大切にする
・みんなちがってみんないい

8.6/28(水)
正直であること
・共感すること
・受容すること
・自分に正直であること

9.7/5(水)
人と人との関わり
・ジョハリの窓
・他者と関わる

10.7/26(水)
こころのしくみ
I am OK. You are OK.
・自己肯定
・他者受容
・あるがまま
傾聴とは
自分を知る

「電話相談受け手」 説明会 のお知らせ(2017/3/22終了しました)

受け手説明会は終了しました。多くの方にご参加いただきありがとうございました。

 

「NPO法人ぬくもりほっとらいん」はボランティアで電話相談をしています。

傾聴を基本に話を聴く『電話相談の受け手』 になりませんか?

「受け手説明会」を下記日程で開催します。受け手に興味 を持たれた方、どうぞお気軽にご参加下さい。

(受け手説明会ちらし)uktesetumei2017ver2

●日時 :
2017/1/25 (水)2/22 (水) 3/22 (水)
※すべて9時半~11時半

●会場 :
千葉市生涯学習センター3F 小会議室
千葉市中央区弁天3-7-7(千葉駅北口徒歩8分)

●主催 : NPO法人傾聴グループぬくもりほっとらいん

●定員 :各15名程度

●参加費 :無料

●内容 :
1.団体紹介2.受け手になるまでの流れ
3.傾聴とは

●申込み :
氏名、電話番号、希望日を書いてFAXして下さい
FAX番号043-214-8397
※こちらからの受付済ハガキ送付などはありませんので
当日直接会場にいらしてください。

●問合せ :
047-451-7300 (事務局)
090-2313-0035(長岡)

 

2016年度 ぬくもり講座 「認知症の人と家族が住み慣れた地域で 暮らしつづけるために」 ご案内(2016/9/24終了しました)

2016年のぬくもり講座は好評のうちに終了しました。多くにご参加いただきありがとうございました。
※今年度もぬくもり講座を開催します。多くの方のご参加お待ちしています。※
ご案内チラシはこちらをクリック→2016ぬくもり講座ご案内

2016年度ぬくもり講座
「認知症の人と家族が住み慣れた地域で暮らしつづけるために」

認知症の本人・家族にとって、地域にはかけがえのない大切なことがたくさんありま
す。慣れ親しんだ街並み、毎日通った商店街、家族で過ごした公園・・。 そこは、
本人が自分らしい生(命、生活、人生)を生ききるためのかけがいのない舞台。
身近な人、馴染みの人との関わりは、自分らしく暮らしつづけるためには欠かせないことです。
この講座では、認知症の人と家族と周囲の人々、地域の人々が、ともによりよく暮ら
していくための考え方・関わり方をいっしょに考えていきます。
第1 回 6 月18 日(土)
認知症の人とともに暮らすために大切なこと
認知症介護研究・研修東京センター 研究部長
講師:永田久美子氏
第2 回 7 月2 日(土)
身近で暮らす認知症の人と家族のことを考えてみよう
認知症介護研究・研修東京センター 研究部 客員研究員
講師:小森由美子氏
第3 回 8 月6 日(土)
ちょっとした関わりで、いい一日、よりよい暮らしを
講師:小森由美子氏
第4 回 9 月24 日(土)
認知症の人と地域でいっしょにできること
講師:小森由美子氏
※講 師 略 歴
永田久美子 氏  認知症介護研究・修東京センター 研究部長
新潟県三条市生まれ。千葉大学大学院看護学研究科修了。
看護学生の時代に、「ぼけ老人を抱える家族の会」に出会って以降、病院、施設、地域で認知症の人と家族を支える活動を続けている。
東京都老人総合研究所を経て、2000年から認知症介護研究・研修東京センター勤務。
認知症の本人と家族が共に安心して自分らしく暮らしていけることを支えるために、
認知症の本人支援、医療とケアとの協働、地域ぐるみの支援の普及に取り組んでいる。
小森由美子氏 認知症介護研究・研修東京センター研究部客員研究員
地域生活サポートセンター研究事業アドバイザー
京都府生まれ。東京医科歯科大学大学院医療政策学コース修了。
大学病院で勤務していたが祖母の介護のために退職。認知症でほぼ寝たきりの祖母を、失敗を重ねながら家族と介護。
その後20数年、介護や保健教育に携わり、現在は、認知症をテーマに地域支援に係る介護人材・チームづくり、急性期病院の看護職に向けた認知症対応力向上研修、認定看護師教育課程(認知症看護コース)等の講師、クリニック(かかりつけ 医)における、診断前後の認知症の本人・家族への暮らし方アドバイス等に取り組んでいる。
会 場:茜浜ホール(習志野市茜浜2-7-2)JR京葉線新習志野駅より徒歩3 分
時 間:10:00~12:00
対 象:どなたでも参加できます
受講料:6,000円(正会員5,000円)
※受講料は4回を通してのものです。欠席をされても返金はできませんので、ご了承ください。
郵便振り込みで受講料をお振り込みください。※振込手数料が別途かかります。
申し込み方法:振込みをもって申し込みとさせていただきます。
入金の確認後、登録完了のハガキを郵送いたします。
口座番号 00130 8 373192
振込先 NPO法人 ぬくもりほっとらいん
定員:100名程度。定員になり次第締め切ります。
主 催:NPO法人 傾聴グループぬくもりほっとらいん
※各回とも会場内でミニバザーも開催(9:15~9:45)